コンビニって儲かるの?コンビニ経営の苦悩とジレンマ

>

特殊な物流網と店頭在庫を活かした新提案

コンビニの持ち味である、物流システムと店頭の在庫を利用した、新サービスが始まりました。
その1つが、レンタルや通販業者と提携し、消費者から集荷したものを宅配業者を介さずに、コンビニの物流を利用して、契約事業所へ届けるサービスです。
私たち消費者にとっては、わざわざ各店舗まで出向くことなく、近くのコンビニで済ませることができるため非常に便利ですが、コンビニ運営側としても、1日に何度も配送される納品後のトラックを利用して配送できるため、このサービス提供により、コンビニ利用者の増加や契約事業者が増えれば、コンビニにとっても大きな利益となります。
もう1つは、店頭の在庫を活かした「ネットコンビニ」です。
昨今、共働き家庭やシニア層の拡大によって、「宅配」サービスの利用者が増加しています。
そのため、コンビニでも、店舗を在庫拠点として活用し、実店舗を持っている強みを活かしたサービスと言えるでしょう。

リアルタイム在庫管理システムの導入

近年、コンビニ業界では、「コンビニエンスストア=便利」だけでなく、より多くのお客様のニーズに応えるため、他の業種や企業と提携したサービスの導入をするなど、更なる成長ができるよう努力しています。
その中で、重要なウェイトを占めるのが、物流と在庫管理です。
コンビニは、配送されてくる物の検品作業、商品陳列、販売、在庫管理、発注予想、新サービスの把握と対応等、作業がたくさんある事に加え、1つ1つにかなりの時間がかかります。
また、24時間営業のため、それだけでも人件費が多くかかるため、物流費の高騰までのしかかってくると、もはやお手上げ状態と言えるでしょう。
そこで、大手コンビニチェーンは、図書館や医療機関で導入されている「リアルタイム在庫管理システム」を採用し、外部からでも商品の陳列情報や在庫状況を把握できるとともに、賞味期限と紐付するなど、人件費や廃棄の削減、万引き防止のために技術開発を進めています。


物流回数を減らしたいの意味は本部と店舗で大きく異なる

この記事をシェアする