コンビニって儲かるの?コンビニ経営の苦悩とジレンマ

>

在庫管理システムと各店舗での現状

皆さんは、コンビニで取り扱っている数々の商品をどのように管理しているかご存知ですか?
スーパーなどと同様、月に1,2回棚卸日に実施しているのでは?と考えますが、スーパーと違い、コンビニはお店が閉まる時間がありません。
また、お客さんから「何々はありますか?」と尋ねられることも日常的にあります。
その場合、従業員が全ての商品の場所と種類、残数を把握できるのでしょうか?
あるコンビニに実際行き、「何々はありますか?」と聞くと、その店員は調べもせず「ありません」と答えましたが、その店員が全ての在庫数を把握しているとは思えず、取扱いはしているか問うと、渋々レジ端末を打ち、在庫があることも判明…
要するに、レジ端末で仕入状況や取扱い情報の確認ができるのですが、その店員は自分の知らないものだったから調べもせず、無いと答えた可能性があります。
残念ながら、こうしたことが、店舗で起こりうることは大いにあるようです。

表裏一体の廃棄ロスとチャンスロスを防ぐ

コンビニを運営する側として、1番避けたいのが「廃棄」です。
特に、消費期限の短い弁当、デザートなどの食品は、短時間で売る必要があり、売れない物を発注したり、発注数予測を間違うと、商品として売るべきものが廃棄となり、その廃棄が増えれば増えるほど、店舗として負担するマイナスの損益も増えてしまいます。
そのため、出来る限り廃棄を出さないように発注予測することが重要となりますが、配送回数が多ければ多いほど、予測は難しくなります。
しかし、確実に売れる数を発注し、売り切ればいいという訳でもないのです。
売り切れたということは、在庫があればもっと売れたともとれ、売れるものを発注しなかったことによる「チャンスロス」と呼ばれており、上記の廃棄ロスとは表裏一体の関係にあります。
これらは、どちらも望まれるべきものではありませんので、解決策としては、店舗の正確な在庫数把握と、発注予想の精度アップに尽きるのです。


コンビニ業界の物流がすごいと言われる理由

この記事をシェアする