家の歴史

手の上の家

昔は家のデザインよりも雨や風を回避できる家づくりが多くありました。現在は住み良い家を設計する他にも、洋風や和風、北欧風などの住宅デザインが登場しています。将来を考えて設計することで老後も安心して生活できます。

この記事の続きを読む

考えた家づくり

家と製図

子供は刺激に敏感な子も多いので、化学薬品が使われた一戸建てに住むことで肌トラブルが発生することもあります。有害なものを使わない自然素材のものなら子供や高齢者でも安心して住むことができます。

この記事の続きを読む

安く借りる

クローバーと白い家

賃貸アパートはマンションに比べて安く借りることができますが、場所によって住宅の設備が異なっています。安い場所が良いなら賃貸アパート、防犯性を意識するならマンションにした方が良いといえます。

この記事の続きを読む

デザインで選ぶ

玄関

現在は洋風な家が増えてきて、昔に比べるとさまざまな住宅が建てられるようになっている現状です。デザインも昔と違いシンプルなものから、変わったものまで実にさまざまです。ここでは家のデザインの変化について書いていきます。まず戦後は日本の住宅はほとんどが和風のものばかりでした。それがバブルの頃になると家のデザインは洋風のものが取り入れられました。最近ではシンプルモダン系の住宅に人気があつまっている現状です。家の外壁は住宅のデザインに大きく影響する部分ですが、現在の住宅では外壁のパターンを一種類で統一するのではなく、二種類使用して変化をつけるケースが増えているのです。木目調の柄の外壁も以前よりも人気がでているのです。

住宅の色としては、ホワイト系の明るい感じの家が多いです。アクセントとして濃い色を取り合わせるのが最近の傾向です。以前は明るい色の外壁は汚れが目立つため避けられていましたが、現在では汚れがつきにくい素材や塗料がでてきたおかげでよく使用されるようになったのです。次に家のデザインに大きな影響をおよぼす屋根について説明します。屋根のデザインは大きくかわってはいませんが、今後太陽光パネルを屋根に設置する住宅が増える事が、予想されているのです。そのため屋根の作りとしては、シンプルで軽く丈夫なものが流行になっているのです。玄関ドアのトレンドとしては、木目調に人気が集まっているのです。鍵穴のないカードタイプのものも安全面で増えてきているのです。

手続きを進める

住宅

理想の一戸建てを建設するときには設計工程や打ち合わせなどを進めていく必要があります。打ち合わせの前に家族全員で話し合いの場を設ければ、意見をまとめて家づくりを行なうことができます。

この記事の続きを読む

いくつかのタイプ

窓

賃貸物件の間取りやデザインはそれぞれ異なっているので、用途に合わせて借りると良い生活を送ることができます。築年数や地域、防犯面などによって家賃も変動してくるので、全てバランスの良い条件にすることが大切です。

この記事の続きを読む